「さがほのか」とは?

さがほのかは佐賀県生まれのいちご

さがほのかは1991(平成3)年に佐賀県農業試験研究センターにおいて「大錦」に「とよのか」を交配し、生まれた実生の中から選抜・育成された品種で、1997(平成9)年に出願、2001(平成13)年に品種登録されたいちごです。佐賀県は、いちごの産地として有名で「さがほのか」を中心に栽培されています。

さがほのかは美味しさはもちろん形の綺麗さも特徴

さがほのかは果実が大きく、スリムな円錐です。果皮の色も艶があり、果実全体にしっかりと色づいています。
酸味が穏やかで甘く、やや硬めの食感で心地よい美味しさを楽しむことができます。
果肉がしっかりしている分、日持ちもよく、形が綺麗なので飾り付けとしてもよく使われています。

©  香月さんちのいちご畑 All Rights Reserved.
PAGE TOP